ホルモンバランスの乱れによるお尻ニキビ

ホルモンバランスの乱れによるお尻ニキビ

女性の場合、ホルモンバラスの乱れによって、お尻ニキビができてしまうことがあります。女性は生理によってホルモンバランスが変化しますし、妊娠や出産、更年期によっても変化しやすくなっています。生理の時期にニキビができやすいと感じる方は多いです。
女性ホルモンは2種類あります。黄体ホルモンのプロゲステロン、卵胞ホルモンのエストロゲンです。生理周期によってホルモンの分泌量が変わり、皮脂の状態も変わってくるためお尻ニキビができやすい時期ができてきます。特に生理前には黄体ホルモンが分泌されると皮脂が多くなる傾向があります。このホルモンは男性ホルモンと似た働きをし、皮脂を多く分泌させる作用を持っています。生理前になるとニキビができやすくなったり、肌がベタベタしやすい理由はこのためです。更年期にも男性ホルモンの影響を受けやすくなり、お尻ニキビに悩まされる事もあります。
ポイントは、エストロゲンを上手く増やす事、生理前には皮脂をコントロールするスキンケアをする事です。更年期の場合はホルモンバランスが乱れているため、女性ホルモンと似た働きをする大豆のイソフラボンも良いでしょう。豆乳や納豆などで摂取できます。